une dissertation sur la revolution francaise babysitting cover letter sample no experience edutopia what's the right amount of homework essay on how to prevent poverty case study in psychology slideshare

イベント ウクレレ

楽器フェア2018に行ってきました!

2018年,開催50周年になる楽器フェアに行ってきました。

50周年ってすごいですよね。先週57歳になった僕が小学校2年生くらいの時、1968年から始まってるんですね。当時はどんな展示会だったんでしょうか。もしも映像などが残っていたら見てみたいですね。

さて、今回はスケジュールの都合で松本から日帰りでの参戦でした。早足での見学となりましたが、ウクレレ関連の展示を中心にレポートしてみますね。(^^)

ではフェアのチケット売り場でチケットを購入して、そのまま右側の販売ブースがある方からチェックして見ましょう。

販売エリアには、お買い得のギターやウクレレ、譜面などが並ぶコーナーがまずあって、その他に高級アコースティックギターやエレキギターの販売店さんのブースが並びます。Blue Guitarsさんのブースではエレキギターのピックガードに富山の伝統的な塗装を施した格調高いギターが並んでいました。最近はエイジドフィニッシュ(レリック)がすごく人気があるそうです。

販売エリアから展示エリアに入ると、ドーンとまず目に入るのは黒澤楽器さんのブース。ブースの準備はほとんど大工仕事のようで大変だったそうです。お疲れさまです!

黒澤楽器と言えばマーチンとカマカですね。

カマカウクレレは相変わらずの人気で、品薄状態が続いているそうです。なので今回はジェイクモデルのみ❗️予約もたくさん入っているようですので、気になる方は早めに予約したほうがいいですね。

そして話題のジェイクプロデュースのウクレレも展示してありました。お手頃な価格でもしっかりと作り込んであるジェイクこだわりのウクレレ。機会が有ったらぜひ触って見て下さい。

anuenueブースのPonoウクレレ。ハワイのコーラウがプロデュースしている。
ドイツの老舗楽器ブランドホーナーが扱うLanikaiウクレレ。
キワヤ商会ブースにて。ウクレレプレイヤー渡辺海智君。新しいDaichiモデルのウクレレを手にして楽しそう!
キワヤ商会100周年記念に向けて製作した特別モデル。 Seilen製。栃杢材を拭き漆で仕上げ、キワヤさんのさらなる発展を願い、生命力の源であるツリー・オブ・ライフのインレイを指板に入れました。
荒井貿易さんでの取り扱い、ケリーウクレレ。
僕自身は今まで知らなくて、今回初めて見たベイシナーというブランドのウクレレケース。手触りの良い布地で作ったセミハードケース。とってもオシャレな雰囲気でした。
ダダリオのチューナー各種。 僕は右側のサウンドホールに付けられるのが気になりました。ウクレレにも付けられたらいいなぁ。
とても凝った作りのORTEGAのウクレレ
鍵盤でメロディを弾くとボーカロイドが歌ってくれるキーボード

ワイヤレス機器も小型化、高性能化が進んでいます。これならウクレレにも使えそうですね。

ローランドの新しい楽器。 アコーディオンに最先端の電子技術を詰め込んであって、ギターやピアノなど色んな音色を再現できる。ひとりでオーケストラの伴奏つきの演奏が出来ちゃう。びっくりしました。 ウィンド楽器もどんどん新しいものが出てきますね。
こちらはヤマハのウィンド楽器、ヴェノーバ。 買いやすい価格設定なので思わずひとつ欲しくなります。 試してみたいなぁ。
お馴染みサイレントバイオリン。 日本の住宅環境には無くてはならないものだと思います。これなら初心者でも周りに気兼ねなく練習できます。
サイレンサー付きのハーモニカ。 これもやはり住宅環境考えると着目点がいいなと感じました。
ウッディな雰囲気のハモニカ。音色も柔らかいそうです。

今回の楽器フェアを見て感じたのは、音楽へのアプローチや新しく楽器を始める事、演奏を快適に続ける事に対しての敷居を下げる取り組みが増えてるんだなという事。

今まで音楽に関心が無かった人や、やりたくても住宅環境などで練習が出来なくて諦めていた人たちに何とか楽器演奏を楽しんでもらいたい、というテーマが大きなものになってきているように思いました。

楽器は難しいもの、何年も頑張って練習を続けないと習得できないもの、という既成概念を少しでも少なくしていき、新しい技術を使って誰でも気軽に音楽演奏を楽しめるようになることが昨今の音楽離れ、楽器離れが進む中で楽器業界の大きな目標になっていくのかなと思います。

今回はセイレン工房はブースの出展が無く、気軽に観客の一人として楽器フェアを楽しむことが出来ました。会場をうろうろしていて沢山の方に声をかけてもらえて、じっくりと色んなお話が出来たのがとても嬉しかったです。

でも、やはり自前のブースが無いと「参加している」感がなくてちょっとさみしいな、と思ったのも事実。(笑)
会場全体を見回しても、やはりギターなどのブースに比べるとウクレレ関連はちょっと寂しいかなという印象も受けました。盛り上げて行きたいですねー。
楽器フェア、次回はどうなりますか。お楽しみに!(^^)

-イベント, ウクレレ
-, ,

© 2021 SEILEN UKULELES