ウクレレ

Seilen 10th Anniversary Ukuleleのご案内

セイレン工房10周年 スペシャル仕様ウクレレ

 
セイレン工房10周年を記念して製作した特別仕様のテナーウクレレが完成しました。
 
ブラジリアンローズウッド(ハカランダ)をボディのサイドバックに使い、サウンドボード(トップ材)はそれぞれの販売店さんに選んでいただくと言う企画です。

今回使用したハカランダ材は、1974年にブラジルから北海道に輸入され、木材業者のもとで丸太のまま40年以上寝かされていたところを北海道在住の楽器製作家に発見され、楽器サイズに再製材されたものです。

これだけの年月の間、じっくりと自然乾燥されたハカランダ材は珍しく、今後もそう簡単には入手できないものと思います。

まずは、楽器のご紹介!

Seilen Tenor Ukulele SLTS-890 Hawaiian Koa #1416

Seilen Tenor Ukulele SLTS-890 Curly Redwood #1417

 

Seilen Tenor Ukulele SLTS-890 Sinker Redwood #1418

 

Seilen Tenor Ukulele SLTS-890 German Spruce(Bear Crow) #1419

 

Seilen Tenor Ukulele SLTS-890 Engelmann Spruce (Bear Crow) #1420

 

Seilen Tenor Ukulele SLTS-890 Hawaiian Koa #1421

 


 
 
 
今回の企画のミソは、同じバック材に対してそれぞれの個性的なトップ材で音色がどんな風に変わるのか。

通常の流れだと、楽器完成後にはそれぞれの販売店に向けて発送し、各店舗さんで展示販売となるので、6本の楽器を並べてその音色を比べられるのは僕と真由美だけなわけです。
 
しかし、この貴重な体験を2人だけで終わらせてしまうのは余りにも勿体無いのではないか、と言う事で販売店さんにお声がけして、もし可能ならば蓼科に来ていただけないかと提案したところ、全ての担当者さんに集まっていただく事が出来ました。何と嬉しい事!
 
 

八ヶ岳

 

 
11月3日当日は紅葉真っ盛り、秋晴れの蓼科。
 
試奏担当としてデイジー🌼どぶゆき君も飛び入りしてくれて素晴らしい集まりになりました。
 
まずはマスクして感染対策もして室内でその音色を全員でじっくりと堪能。
 
6台の音色の違いがはっきりと判って、僕自身もすごく勉強になりました。
 
試奏会後は屋外で食事会となり、ノンアルビール等楽しみながら交流を深め、これまた貴重な機会になりました。
お集まり頂いた皆さま、ありがとうございました!
 
販売店さんでの展示販売は、今週末(11月6日)からの開始となる予定です。
(詳細は各販売店にお問い合わせください。)
 

【楽器仕様】

Seilenテナーウクレレ
・スロッテッドヘッド
・Seilenオリジナルペグ 510UK(後藤ガット)
・エボニーヘッドプレート / スペシャルヘッドインレイ(鹿角バージョン)
・エボニー指板 + ツリー・オブ・ライフインレイ ( OGAWA INLAY CRAFT )
・400R指板
・白蝶貝サイドドット
・ボディトップ材:販売店スペシャルセレクト材
・ボディサイドバック:ブラジリアン・ローズウッド
・カーリーハワイアンコア ウッドバインディング+アバロンパーフリング
 
販売価格 60万円(税込み66万円)
(10周年特別価格となっていますので、全く同じ仕様のものをオーダーいただいた場合は同じ金額では製作出来ません。ご了承ください。)

 

【販売店】

 
Ukulele Bird (カーリーコア)

ウクレレショップタンタンお茶の水店 (ジャーマンスプルース)

Kiwaya Ukulele Official FB (カーリーコア)

Ukulele Shop Ohana (カーリーレッドウッド)

Guitar Planet Ukulele Planet(シンカーレッドウッド)

島村楽器松本パルコ店 (イングルマンスプルース)
 
※販売方法については各店舗からの発表をお待ちください。

 

-ウクレレ