conclusion for gay marriage research paper example essay about my mother how to write a state of the art thesis term paper on cryptography research proposal pic leadership essay in nursing essay on taking care of elders cover letter samples for admission counselor

日記・コラム・つぶやき

銀輪駆ける...か?

6月に長野県、諏訪周辺で自転車のイベントがあります。諏訪湖沿いの公園からスタートし、湖を半周してから茅野、原村を経て富士見高原がゴールです。

その名も、「諏訪圏縦断サイクルマラソン」。 そう、42.195キロなんですねー。(^^)

自転車で42キロって、距離自体は案外大した事ないんですが、大変なのはその標高差。
諏訪湖の標高、758mをスタートし、コースの最高地点はほぼ1400m。その差642m。(゜o゜)

実は、この大会に参加してみたいなーと思っていまして。(^^; 

でも、今までにこんな標高差を走ったことは無く...。

Kuronos
思い悩んだ結果、「まー、いちど下見がてら走ってみっか。」ということで、ゴールデンウィーク始まったばかりのこの前の日曜日、単独試走すべくレグナム君に愛車を乗っけてスタート地点へ。(^^) 

薄曇り、気温もちょうど良し、午前10時スタート!P4300554s_1

諏訪湖の周りは、きれいに歩道が整備されていて、自転車も走ることができます。良い道
があれば「散歩に行こうか」とか「ジョギングしようかな」なんて気持ちが起こってくるんですね。この日もたくさんのジョガーや散歩する人、カップルや家族でサイクリングする人が居ました。諏訪湖の水も一時よりはずいぶんときれいになって、岸辺には釣り糸を垂れる人たちの姿もたくさん見られます。

P4300540s
颯爽とクロノス号(中古3万円GIANT製)を飛ばすこと約22キロ。ここまでは軽快だったけど、そろそろ道は上り坂へ...。32キロ地点まではずっとだらだらと登りです。これが結構辛い。(泣)

結局、最高地点の32キロを目前にして足が激しく攣ってしまい、やむなく休憩。1キロほど戻って、パワーチャージしようと農業実践大学の売店でうどんを食べたところが、逆になごんでしまい、「もういっか~」と素直にリタイヤ決定(笑)

下りは早いですねー。全く漕がなくても35キロとか平気で出ちゃいます。とはいえ、時々また攣ってしまう足をマッサージしながら、すれ違うチャリダーにエールを送りながらのんびりと下ります。

途中リタイヤしたとはいえ、往復64キロ超。5時間半のサイクリングでした。いやー、いい運動になった。(^^)

大会まではあと1ヶ月。もう3~4回は走りこまないと完走の自信無いですね...。どうしよ(^^; でも、公道を閉鎖してのレース。なかなか珍しいレースだけになんとか出場したいものです。

長野県では毎年、美ヶ原や乗鞍のヒルクライムレースが有名です。この諏訪が完走できたら次に挑戦してみようかな。(^^)

-日記・コラム・つぶやき

© 2021 SEILEN UKULELES