is going to college worth it essay how to make a strong business plan analytical essay on football players are paid too much properly cite sources in essay two page cover letter examples case study of graduate switzerland essay competition

ウクレレ

Seilenウクレレ シリアルナンバー#195 DA1モデル エレクトリックテナー

Seilenのカスタムメイドウクレレの紹介です。昨年12月にオーダーいただいて、随分待って貰っちゃったけど、日本の若手ホープのダイチ君に似合うカッコいいウクレレに仕上がったと思います。音色もかなり素晴らしいです!

オーナーの渡辺海智君がニューヨークへ武者修行に旅立ったので、一回りでっかくなって無事に帰って来る事を願いつつ彼の新しいウクレレを一足先にお披露目します!

ハワイアンコアトップ、マホガニーバックのホロウボデイ(中空構造)エレキウクレレ。
ボディトップは手で削り出したアーチ加工になっています。

楽器全体のデザインは、海智君の提案でギブソンのサンダーバードベースをモチーフにして多少デフォルメしたオリジナルシェイプ。
ヘッドもステルスペグを使った4連タイプ。
ピックアップはFishmanのアンダーサドルと貼り付けタイプを半固定トリマーでミックスしする仕様。プリアンプには、Mi-SiのCrystalを使っています。メロディーやコードワークを繊細に拾いつつもボディのタップトーンも逃さず狙います。

海智君のアグレッシブなブレーに応えられるスペシャルな楽器に仕上げました。

海智君、行ってらっしゃい!(^^)

10698695_10203937057364115_81127179

弦がナット部分を真っ直ぐに通るようヘッドデザインをしています。

茶色く見える部分は、ヘッドトップを斜めに削り込み、そこの部分だけ着色せずにマホガニーの色をそのまま見せています。ブラッキーなカラーの中にもしっとりとウッディな雰囲気が感じられますね(^^)

10698575_10203937057604121_78632435

Seilenウクレレ シリアルナンバー#195 DA1モデル エレクトリックテナー

マホガニーネック 24フレット指板
ハワイアンコアトップ/マホガニーバック 
アーチトップ・ホロウボディ・べっ甲バインディング
Fishman AG-Uke & SBT-E & Mi-Si Crystal

10574525_10203937057844127_73224482

16104_10203937058004131_82410037306


ボディトップのアーチ加工は、楽器の美しさを引き立てるのと同時に、6ミリの厚みが有るサウンドボードの感度を上げて繊細に鳴らす目的も兼ねています。

トップサウンドボードが6ミリと厚いのは、海智君のリクエストである、「ハウリングを避けたい。鳴らなくてもいいからとにかく丈夫な楽器を作って欲しい」というオーダーに応えるため。

アーチ加工をしてボディエッジ付近だけを3ミリ前後という厚みにする事で丈夫で厚みのある天板をセンシティブにしています。

10647216_10203937058284138_76534485

10646914_10203937058444142_57093193

10660201_10203937058604146_58192922

10408926_10203937059004156_56010154


ペグは後藤ガット製の軽量コンパクトなステルスを使っています。
ヘッド裏、首のところのボリュートがアクセント。


-ウクレレ