victim precipitation theory essay essay on chemical industry cover letter formulations essay on indian traditional food literary research paper hamlet social norm essay conclusion

日記・コラム・つぶやき

風邪引いたー

どうやらアメリカから風邪を持ち帰っちゃったらしく、ここ数日体調悪化気味。

日ごろは村と会社の往復だけなので、実社会からは隔離されたような状態。
それが急に何万人も居るところに行くもんだから、風邪やインフルエンザ菌を貰いやすいみたいですねー。

おまけに最近「顎関節症」ってやつなのか、食事のときに顎の間接がバキバキ音がして痛い(泣) なんとも無い日もあるんだけど、今日は咳してたら間接がはずれたみたいになっちゃって泣きました。咳は止らないし顎嵌まらないし…。

医者にもらった薬を飲むとすごく眠くなるので、今日は1日ベッドの上。眠ったりPCいじったり。
BLOGのレイアウトも変えてみました。今まで左側にいろんなリストがあったんだけど、携帯でアクセスすると邪魔だったんで、右側に移動。
さっき、携帯でチェックしたけど、やっぱりこっちのほうがいいですね。何でいままで気がつかなかったんだろ。

そうそう。
今朝はNHKのBS2で 「“グーグル革命”の衝撃」 という番組の再放送があったので見てました。ご覧になりました?

僕自身も「ググらない」日は無いんじゃないかな。アメリカの辞書にも「google」という言葉が、企業の名前としてではなく、「ネット上で検索する」という意味で載ってるそうですよね。
日本でも「ググる」という言葉が浸透しつつ有る気がします。(一部の人なのかな?)

実際、ウクレレ買うのにも、情報集めるのにも、近所の医者の電話番号を探すのもほとんどインターネット(大体はGoogle)です。電話帳の情報は古いような気がして、最近あんまり使ってないです。

番組では、生活のすべて(消費から収入まで)をgoogleに頼っている若者が登場していました。
ホームページ作って、広告載せて、クリックの分が収入になる。彼は携帯電話の情報サイトを作って、月収90万円だって。すごいなぁ。(実は僕も昨年、アフィリエイトの収入が半年で1500円くらいありましたが(笑))

僕らの生活はこれからどんな風に変わっていくんでしょうね。

子供の頃には考え付かなかったような変化。

僕自身もインターネットが無かったら、今こんなふうに仕事は出来てないと思う。海外のいろんな人との出会いも無かったはずです。

でも、Googleなどの企業の情報操作で人生が変わってしまう可能性が考えられる事を思うとちょっと心配もありますね。
PCの画面に現れる情報だけですべてを判断しないように気をつけなくては…。

-日記・コラム・つぶやき

© 2021 SEILEN UKULELES