write an essay on student life in about 150 words managing director cover letter jobhero case study of bst class 12 chapter 2 disadvantaged essay amcas example school social work essay case study demand for the big mac on the rise study abroad china personal statement affirmative action essay questions

信州より

交通安全週間

9月21日から30日まで、全国的に交通安全週間です。皆さんは安全運転してますか? 

実はこの4月から僕は、交通安全協会の地域の班長と言う役目を仰せつかっています。といってもそれほど大袈裟なものではなく、各季節の交通安全週間の間、交代で朝の通勤時間帯に街頭で安全指導をするというものです。皆さんもよく見かけるのではないでしょうか。

さて、今朝は僕の当番。正直、制服という類のものは苦手なのですが、こればかりは仕方ない。制服にヘルメット姿で家から1キロほど離れたバス停付近の交差点(三叉路)に1人で立ちました。

どんな感じを想像します?横断歩道を中学生たちが列を成して渡っていく姿でしょうか。行き交い急ぐ車たちを巧みにさばいて子供たちを誘導する。ピッピーとか笛吹いたりして。

僕も初めての時はそう思っていました…が。

実は…こんな言い方しては怒られてしまいそうですけど…

…すごく、暇。 (^^;

周りはほとんど畑。まばらに家が建っています。9月末とあって、少し冷えた空気。曇り空。

僕が当番だった30分の間に、道路を横断した歩行者(中学生)2人。自転車3台。車2台…。寂しい...。

「おっ、歩行者が来たな」と誘導しようとしても、そういうときに車が来ない。遠ぉーくにも見えない。だから何も出来ない。ま、一応元気に「おはようございます」とニコニコと挨拶してみたりはして。自分の存在意義を疑ってしまいます。でも、バスの運転手さんが敬礼してくれたのでちょっと満足。

単に道路を通過していった車は10数台いましたが、それでも通勤時間帯の30分にしては少ないですよねぇ。平和で静かな村の朝でした。

しかし、見ていると親御さんに車で送って貰ってる中学生、多いですね。雨でも無いのに。僕が中学生の頃は、「親に送ってもらうなんて恥」という感覚があったように思います。4キロの道のりを、多少体調が悪かろうがいつも早足で歩いていったものです。時代は変わったんだなぁと思います。

-信州より

© 2021 SEILEN UKULELES