case study on labour law cases home appliances essay topics research proposal sample on obesity case study on fast food walden essay on civil disobedience creative writing poem by gervase phinn if i had a magic carpet essay propane company business plan

ウクレレ

久々のギター(パーラースタイル)

いろんな楽器の試作が平行して進んでるティーズの工房内ですが、昨日完成したばかりの久しぶりのギターを紹介しますね。

Pict2939s
アコースティックギターなんですけど、このギターは少し小さめのサイズ。いわゆるパーラーギターと言われる部類でしょうか。

スケールは22 3/4 inch。578ミリくらいですね。
楽器の全長が約88センチ。

僕はキャンプに行ってギター弾いたりする事も多いので、こんなサイズのギターが大好きなんです。 TaylorのBabyなんてのも同じサイズの楽器です。(1台持ってます[E:happy01])

色んなメーカーから出てるパーラーギターですが、楽器メーカーにとっても「ミニギター」という扱いなのか、仕上がりは今ひとつ感が否めません。
楽器店に行ってあちこちのブランドのパーラーギターを試したんだけど、どれもみなチューニング(ピッチ)が合わない。「なんか気持ち悪いなぁ」と思いながら弾かなくちゃならないのが辛いところ...。

で、「よし!そんじゃ作るか!」といういつものノリで試作してみました。

昨日弦を張って試したところ、かなり気持ちよく弾けます。ピッチもばっちりで楽しいです。このまま僕のメインギターになりそうな感じ(笑)

力木や音色を確認した後で、本番(楽器フェア)用のギターを作る予定です。間に合うかな?

本番用はもちろんオールハワイアンコアボディです!きっとすごく良い雰囲気のギターになりますね。楽しみっ!
時間が有ればスプルーストップも作りたいところだけど...。ちょっと無理かな。

たぶん、ヘッドシェイプやロゴマークなど多少修正しながらの完成になると思いますが、まずは楽器フェアで発表して、その後11月後半か12月にはお店に並べられたらな、と考えています。

ギターファンの方、それから「ウクレレだいぶ弾けるようになって、ちょっとギターも興味あるなー」という方も楽しみにしていて下さいね!

予想価格は、テナーウクレレ2本分くらいかな...

-ウクレレ

© 2021 SEILEN UKULELES