FAQs

日頃は柔らかな布か楽器専用のクリーニングクロスで軽く拭いて下さい。
つや有り仕上げの楽器は時々ポリッシュなどで磨き上げるときれいになりますが、つや消し(マット)仕上げの楽器はポリッシュでせっせと磨くとその部分だけつやが出てしまうので、乾拭きだけにして置くことをお勧めします。
つや消しの楽器に汗が付いたりして極端に汚れた場合は、柔らかな布をいったん濡らしてから固く絞り、汚れた部分をそっと拭いて汚れを取るといいですね。
楽器の塗装部分にレモンオイルを塗るという話を時々聞きますが、基本的には必要ないと思います。もしレモンオイルを付けて汚れを落とした時は、その後できれいにオイルを拭き取って下さい。
レモンオイルは成分が強いので、塗ったまま放置すると塗装を侵してしまうことが有ります。
一方、塗装をしていない部分には時々オイルを塗ってあげることが必要です。指板やブリッジなどですね。
市販のギター指板用のオイルや、木工用のオイルなどを塗ってから余分なオイルをしっかりと拭き取って下さい。乾燥を防ぎ木部を滑らかに保ちます。
ちなみにセイレンでは指板には「キヌカ」という米から作ったオイルを塗っています。
大切な愛機、適切なお手入れで長持ちさせたいですね。
楽器でブリッジ溝が広がってしまっている場合などでよく見られます。
特に最近ではフロロカーボンの細めのゲージの弦が多くなってきていますので、1弦が外れてしまうようなケースが有ると思います。
 
こういった場合には、なるべく結び目が大きくなるように結ぶ必要がありますね。ほんとうに緩い場合は、小さなビーズなどを利用して結ぶ手も有りますが、少し緩いだけの場合は、この画像のような結び方にすることで解決できます。下側が通常の結び方、上のほうが少し大きな結び目になるやり方です。
木材の木取り(元の丸太に対してどんな寸法、方向に板を切って取るか)の仕方や、切った板の状態を表す言葉に「柾目」「板目」というものがあります。
この「マサメ」という言葉は楽器に関しては比較的良く聞く言葉だと思います。ただし、多くの方が正しいと思っているのは、「柾目=真っ直ぐな木目」ではないでしょうか。すなわち、ボディのセンターラインに平行に木目が走っていれば、これは「柾目」という具合に。
実はこれは、全くの間違いではないにしても、いつでも正しいというわけではありません。
「柾目」というのは、ボディ表面から見た木目ではなく、ボディトップ材をウクレレのお尻のほうから眺めたとき(すなわちトップ材の断面を見た時)に、年輪(冬目)がトップ材に対して直角方向になっている時に、これを「柾目」と呼びます。う~ん、段ボールの断面を見た感じにも近いかな?基本的には、丸太を製材する時点で決まってしまいます。
簡単に言えば、製材時になるべく歩留まりを良くしようと思えば、板目の材が多くなります。柾目材は板の中心に近いほんの少しの板だけです。丸太のすべてを柾目に取ろうとすると、かなり無駄な材料が出てしまいます。コスト的に高価な木取りの仕方と言えますね。