never let me go creative writing sony breach case study kudos personal statement my kind of christmas essay an essay on importance of reading books soft drink demand estimation case study hamara desh short essay in hindi

ハワイ or 南の島

休暇

さて、年末年始。 どうして書き込みが出来なかったかというとですね、(^_^;
実は旅行に行ってきましたー。

PCは持って行ったものの、結局通信環境が整わなくて使えなかったんですね。

旅行はまぁ、ウクレレの賞なんかも頂いたことだし、いわゆる自分にご褒美な感じで。(^_^)

そうは言っても正月のハワイはさすがに高すぎて手が出ません。やっぱり狙い目は多少安上がりな東南アジアでしょうか。

と言うわけで、行き先は初めてのバリ島3泊5日。ちょっと忙しい上に、残念ながら雨期です。(泣) だから安めなのかなぁ…。

28日、仕事を終えて帰宅してから荷造り。夜中の3時過ぎに出発。雪の積もるセントレア空港に7時過ぎに到着。
定刻10時には離陸ー!のはずが、雪で滑走路閉鎖。(泣)
3時間近く機内に缶詰になり、結局飛行機が飛び立ったのは13時近かった…。

こんな感じでやっとこさ到着したバリ島ですが、雨はシトシト降るものの気温も丁度良く、のんびり出来ました。
でも現地での最終日1月1日は、仕事から離れて気が抜けたのか、風邪をひいたらしく朝から高熱。おまけに外はそれこそバケツをひっくり返したような土砂降り。

今年はなんだか冴えない1年の始まりの日でした。

P1062467s
そんな中、現地の楽器屋?らしき怪しい店でゲットした、アンティークな2弦の弦楽器。
P1062468s
P1062470s

楽器屋のとーちゃんによれば、「BATAK」という楽器らしい。当人も弾き方は知らない。
「アメリカ人はお金持ちだからスライドバー使うけど、バリ人はお金無いから、自転車のハンドル切って使うんだー、わっはっは。」とだけ教えてくれました。
確かに弦高1センチ以上有るし、明らかにスライド系の楽器。

怪しげでしょー。(^^)
最近はこういった民族楽器を探し回るのがちょっと趣味のようになってしまっています。
どっかにおもしろい楽器見つけたら教えてくださいね。(^_^)

しかし、初めて訪れたバリは、「モノ作りの国」という感じを強く受けました。

観光客向けの通りから少し離れると、道端に木工やら石の加工場やら絵のアトリエやらがひしめいています。銀細工のアクセサリも日本へ輸出しているのがかなり多いみたいですね。工賃が安いせいもあるんだろうけど、彼らはみな手先が器用で、センスも良さそう。

今回はあまり時間が取れなかったけど、次回はじっくりと自分の足で現地のアーチストのアトリエを歩き回ってみたいです。きっとすごく刺激を受けそうな気がするな。

ハワイもアメリカも大好きだけど、東南アジアは僕の中でマイブームになりそうです。
そうそう、ご飯もとっても美味しいし。ナシゴレンもミーゴレンもインドネシアカレーも最高ー。

もう一つ、川でラフティング楽しんだのもすっごい楽しかったですよ。おすすめです。

-ハワイ or 南の島

© 2021 SEILEN UKULELES