・弦の巻き方(ブリッジ側)

楽器でブリッジ溝が広がってしまっている場合などでよく見られます。
特に最近ではフロロカーボンの細めのゲージの弦が多くなってきていますので、1弦が外れてしまうようなケースが有ると思います。
 
こういった場合には、なるべく結び目が大きくなるように結ぶ必要がありますね。ほんとうに緩い場合は、小さなビーズなどを利用して結ぶ手も有りますが、少し緩いだけの場合は、この画像のような結び方にすることで解決できます。下側が通常の結び方、上のほうが少し大きな結び目になるやり方です。