See ya!

海外で初めて会った人に挨拶する時、なんて言います?

遠い昔ですが学生の頃(35年前か…)、確か学んだのは、

   「How do you do?」

でしたよねぇ。でも、実際は誰もそんな言い方はしないようです。

 

では何と言うかというと、殆どの場合は

   「Nice to meet you!」

です。 「How do you do?」はだいぶ堅い言い方のようです。

で、何度か海外に旅行をして、現地に友人が出来たりすると、久しぶり、1年ぶりに会って声を掛け合う、挨拶をするなんて場面が出てきます。

こんな時はなんて言いましょうか?(^^)

僕はウクレレエキシビションに来始めの頃、カマカのファミリー、ケーシーやクリスと知り合いになりました。

ウクレレ界の大御所、ウクレレのロールスロイスと言われるカマカのファミリーですから、最初の挨拶はもちろんもの凄く大きな、「Nice to meet you!」や「I'm very glad to meet(see) you!」でした。

で、2年目にCaseyに会った時、同じように尊敬を込めて、

    「Nice to meet you again!」

と言ったんです。

Caseyは一瞬「えっ?」という顔をしましたが、その後はニコッとして普通に挨拶を交わしてくれました。僕も「おや?」と思ったものの、きっと僕の発音が悪かったんだろうと思っていました。

そんな事が何回かあって、いろいろと考えたのですが、どうやら「Nice to meet you!」という言い方も割と堅い言い方なのかな?、と思い当たりました。

で、よく観察していると久しぶりに会った人たちはたいがい、

    「Good to see you (again)!」

と言って握手を交わしています。

なんだ、そう言うのか。と思い、その後は「Good to see you !」を連発しているタカハシです(^^;;  グットゥスィーユ!ね。

アメリカは、初対面で紹介し合えば後はファーストネームで呼び合う、言わば「友達」になってしまいます。
年上でも下でも遠慮無く名前で呼び合います。

僕も、ウクレレギルドの創始者Mike Chockに対しても「Hi! Mike.」ですし、二十歳前後の若いミュージシャンからも、「Hi Shinji! Good to see you!」なんて声をかけられます。
案外うれしいものです。(^^)

友達であれば、「Nice to see you.」も堅苦しくて不自然なんでしょうね、きっと。

そういう事なのかな。

 

コメントを残す