ウクレレ完成!

Pict4149s
今週末、オアフ島でのウクレレエキシビション向けの出品ウクレレ、なんとか完成しました!間に合って良かった~!

マスターグレイドのカーリーコアをネック、ボディサイドバックに使い、ボディトップはシトカスプルースでアーチトップバックのウクレレに仕上げました。

指板、ブリッジはエボニー製です。

ヘッド中央にはアバロン貝の1枚板をダイヤ型に削って嵌め込んで有ります。ネックは完全ワンピースの、目も眩むようなカーリーコア。

指板のふちには細いアルミニュームで縁取りをし、12フレット部分にもアルミで「T」を象ったインレイを入れました。

ブリッジは厚いエボニーから削り出し。Fishmanのアンダーサドルピックアップを搭載しています。

今回拘ったのは、ボディのライン。女性的な柔らかさとボリューム感を持たせ、ふくよかなアーチトップの曲面をカンナやスクレーパーを使って手で削り出しています。
バインディングの中のワンポイントや、ブリッジの曲面にも細かくこだわっています。

ボディの厚みを抑えて作ったので、低音は少なめですが鳴り自体はとても良く、弾きこんで行ったときが楽しみです。

他の仕事もしながら、木工7日間、塗装5日間という、展示会ならではのハイペースで製作を進めましたが、僕のアイディアや感性がギュゥ~っと凝縮された1台になりました。時間かければ良いものが出来るとは限らない、という例でしょうか。(^^)

明日の晩には、このウクレレを持ってホノルル行きの飛行機に乗り込みます。Pict4151s Pict4163s Pict4169s Pict4173s_2

コメントを残す