JS(ジャカソロ)モデル、デビュー!

Twitter,ご存知です?もう始めていらっしゃる方も多いのでは、と思います。

昨年から僕もTwitterを始めて、なかなかに嵌まりこんでしまっているのですが[E:coldsweats01]、そのTwitterのお客様たちと協力して出来上がったT's オリジナルウクレレをご紹介しましょう。

Pict3476s こちらの画像は、JS-200cst。「JS」は言うまでも無く「ジャカソロ」ですね。(^^)

開発テーマとして目指したのは、こんなテーマ。
・楽器を持った時のバランスの良さ
・鳴りを重視しながらも少し小さめ、薄めのボディで歯切れの良い音を目指す
・14フレットジョイント、コンサートスケール
・右手が当たるポジションのフレットを無しにする

Pict3479s まだ受注生産の状態ですが、今日あたりには小売店さんの店頭に何台かが並ぶはずです。
普通に指板エンドまでフレットが有るタイプが、今回出荷した「JS-200」となっています。こちらは20フレット仕様ですね。

インターネットというものがどんどんと発達した今、お客様とも双方向でリアルタイムにやり取りが出来、一緒に楽しみながら商品開発が出来るなんて素晴らしいことだと思います。

まずは"On The Twitter"企画第1弾! 

すごく弾き易くて、反応が早い、切れもいい。まさにジャカソロにピッタリなウクレレの登場です。

価格は、通常のCSモデル(コンサートシリーズ)と同じ設定で、マホガニーのJS-100が63,000円、コアのJS-200が84,000円となっています。

是非チェックしてみてくださいね!

コメントを残す