体験学習

昨日は浜松から中学校の生徒さんたちが「体験学習」としてティーズギターを訪問してくれました。

4、5人のグループに分かれて色んな会社を訪問し、その地域社会を支える人たちと関わり合い、自分達の生活を見つめなおす。という趣旨だそうです。

うちの会社には男の子1人、女の子4人の合計5人が訪ねてくれました。

「なぜここでギターが発展したのか」
「日ごろの仕事で大変なこと」
「なぜギターを作っているのか。ギターに懸ける想い」
「作っていて『良かった』と思える時は?」

などなど、色んな質問が出ました。(^^)
なかなか活発な子供たちで楽しかったですね。

ひとりの女の子は、家にウクレレが有って練習しているそうでとっても上手に弾いてくれました。うれしいなぁ(^^)

しかし、今の子供たちってギター弾かないんですね。

「クラスで何人くらいギター弾く人居るの?」って聞いたら、「居ない~」って返事でした。

学年の中にも居ないらしい...(泣)

引率の先生にも聞いてみたのですが、学校に1台もギターが無いそうです。(号泣)

どこの学校もそうなのかなぁ... なんか切ないなぁ

コメントを残す