ソリッドテナー「ET」第1号完成!

Pict1905s Pict1900s お待たせしました!(^^)

エレクトリックテナーウクレレの1号機が完成しました!

画面左側がテナーサイズで、カーリーコアトップ/マホガニーバック。
バインディングもカーリーコア。
テナースケールで300Rの丸みを持ったアール指板という仕様です。

記念すべき第1号ということで豪華仕様になっています。

 

実はこのETは、ハワイ在住のウクレレプレイヤー"Kimo Hussey"のオーダーで製作したものなんです。

彼とは以前からハワイのUkulele Exhibitionで何回かお会いして、僕の作るウクレレをとっても気に入ってもらっていて。
それが今回のNAMM SHOWで偶然ばったり会い、ティーズのブースでEC-220を弾いてもらったらすごく気に入ってくれまして。(^^) 5分後にはオーダーをいただいていました。
うれしいですねー。

このウクレレは今週中にでもハワイに送って、Kimo Husseyの手元に届きます。気に入ってもらえるとうれしいな(^^)

引き続き量産バージョンのET-100,200も製作をスタートします。

初回製作は、まずは10台。マホガニーモデルとコアトップモデルを5台ずつになる予定。
ご希望の方はお早めにご予約を!お待ちしております。

(初回分10台、ご予約にて完売致しました。ありがとうございます!完成発送は3月10日頃を予定していますので、楽しみにお待ち下さい。 なお次回製作は1ヵ月後を予定しています。)  2月16日追記

 

それから参考までにお知らせ。

上の画像でテナーの横に可愛く並んでるのはソプラノサイズのソリッドウクレレ。

ボディがマーチンシェイプで、ジョイントはマニアックに12フレット。
ビンテージマーチンなどをお持ちの方の練習にもぴったり。しかも小柄で可愛くて、どこに行くにも持って歩きたくなっちゃうサイズです。

こちらはもう少しデザインが変わる可能性も有りますが、受注生産で販売を開始するようになるかもしれません。詳細はもうしばらくお待ち下さい。

コメントを残す