ウクレレ材料 その後

たくさんの励ましのコメント、ありがとうございます。(^^)

Rimg2289s で、24日夜現在、どうなっているかっていうと...

結局優柔不断な僕は材料を決めきれずに、判断がつくところまで平行して進める方法を選んじゃいましたー。大丈夫かいな。

黒柿とシャム柿。トップはシトカスプルース。

左上のスプルースはベアクロウが入ってるのが分かるでしょうか。
スプルースの表面に、熊が爪で引っ掻いたような模様が出ることが稀にありまして、ベアクロウと呼びます。
やっぱり貴重なものですね。2003年、初めてUGHの展示会に出た時にハワイで買ってきて寝かしておいたものです。

もう一方のスプルースは2001年に買ったもの。もう6年経つんだなぁ。

Rimg2296s 今回は展示前にスケッチを公開しちゃいましょうか(^^)
どんな手順で製作が進んでいくのかを見ていただくのもきっと面白いですね。

案は2点あって、実はまだ絞れないでいます。

去年は材料が決まった瞬間にいろんなアイディアが湧いてきてどんどん仕事が進んだのですが...。

今年はちょっとノリきれて無いということか。

まぁ、日頃はオーダーで製作するのが基本なので、こうやって全く自由課題で作れるチャンスは実はそんなに無いのです。楽しくやってみようと思います。(^^)

一応スケッチはありますが、僕の場合手を動かし始めてからどんどん変わっていく事が多いので、出来上がりはまだ想像できません。

ブリッジはちょっとしたいたずら書きです。こんな形には作らないと思いますが。どうなるんだろ?

コメントを残す