松本駅コンコースの展示、楽器の入れ替えしました!

松本駅コンコースの展示が始まってからそろそろ1か月。新しい展示用の楽器が完成したので入れ替えをしてきました。

たまたまですが2台共に杢入りの栃の木のウクレレのソプラノとコンサート。それぞれに杢の特徴を生かして作りました。

ソプラノはスポルテッドの栃杢、コンサートは縮み杢を拭き漆で仕上げています。しばんにはツリーオブライフのインレイ。

6月22日から松本駅コンコースに展示になり、約1か月間続きます。

ぜひチェックを❗

以下、楽器と一緒に展示している説明パネルの文章も載せておきますね。

------------------------------------------------------------

【コンサート】 SLC-945cst

長野県産の栃の木を使ったコンサートサイズのウクレレ。
木には年輪を指す「木目」という模様と別に稀に表れる
独特の美しい模様を指す「杢」という言葉があります。
この栃の木は、「縮み杢」と呼ばれる横方向の縞模様が
非常に美しく見えています。
「杢」というのは、木が育つ過程で何らかの力が木に
加わり素直に育てなかった部分がキラキラした模様と
なって表れるもので、数量が少なくとても貴重な素材
です。もちろん人工的に作ることは出来ません。
 
杢を生かしながら20回以上も拭き漆を丁寧に塗り込んで
仕上げ、ボディの縁取りに白蝶貝、指板にはツリーオブ
ライフ(生命の木)と呼ばれるモチーフをアワビ貝で
埋め込んでいます。丸みのある優しい音色です。

【ソプラノ】  SLS-926

長野県産の栃の木を使ったソプラノサイズのウクレレ。
   
もう1台の展示の「縮み杢」と違いこちらの栃の木は
「スポルテッド」と呼ばれる模様が入っています。
木の内部に雨水などが染み込む際に、内部にバクテリア
などが入り、その作用で黒い独特の模様が生まれます。
 
木を切り倒して製材し、その断面を見るまではどこに
どんな模様が入っているのか誰にも分かりません。
自然の力の素晴らしさを感じていただけたらと思います。
 
ボディの縁にはべっ甲模様の縁取りを入れて引きしまった
た感じに仕上げました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください