不審なメール

最近こんなメールが何通か続けて届いた...。明らかにおかしい。

Dear Seller,

  I would like to place an order for the following items:
  * PRS Custom guitar 22 and 24
  * Gibson Les Paul

  I would appreciate if you can give me the details of your stock list.
  Do you accept credit card payment?

  I look forward to hearing from you as soon as possible.

  Your sincerely
  ****** Wakabayashi (名前の***部分は一応伏せました。)

日本人の名前で、英語の文章。この後のメールでは、「自分は日本人なので英語が上手でなくてすまない」という意味のことが書いてある。変でしょ。

簡単に言えば、
機種は細かく指定しないけど、とにかく値段の高い楽器を欲しい。
それも出来るだけ早急に。
支払いはクレジットカードでしたい。
  という趣旨のメール。

どう考えてもクレジットカード詐欺だと思う。

ご丁寧に、メールアドレスも"******_wakabayashi@yahoo.co.jp"
たぶん、ワカバヤシさんのクレジットカード情報をどこかでスキミングしたに違いない。

カードの番号が分かればカード会社を通じてご本人に警告出来るかなと思い、「うちは素晴らしい楽器がたくさんあるから、すぐカード番号と住所を送ってね。楽器はチョイスしてすぐ送ります。(一応英文)」とメールしておいた。

   疑われたらしく返事が来ない (^_^;)


2/24追記

今日になって、カード番号と、楽器の送り先を書いたメールが来た。

僕が2回目のメールで楽器の価格を一気に58万円まで上げたのに、まったく気にしていない様子。しかも機種名も聞いてこない。

2枚のカード番号が書いてあって、「1枚のカードで限度額いっぱいまで使って、足りない分をもう1枚で決済してくれ」との事。(これ自体が規則違反)

で、送り先は案の定日本ではなくインドネシア(バリ)だ...。

とりあえずカード会社に電話して、カード番号と所有者の名義と住所が合うかどうか確認してもらうことにした。海外発行のカードなので結果が分かるまで72時間はかかるとの事。

海外発行ということは、スキミングではなく偽造カードかぁ...

彼らの目論むのは、
・偽造カードを使って高級楽器を購入する
・うまく作ってあるらしく、カードのオーソリ(認証)は通る
・到着した楽器を転売する(楽器は高額で転売しやすいもの、つまりギブソンのレスポールや、ポールリードスミスなどが望ましい。ティーズ製品は海外での知名度がまったく無いのでかなり的外れ(笑))
・結局偽造カードなのでカード会社は本人から集金が出来ない

というあたり。

週明けに結果を聞いて、結果如何では警察に通報、という手順になりそう...。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です