オーダーメイド

皆さんご存知だとは思うけど、Seilenブランドは、決まっている品番のものだけじゃなくって1本だけの特注仕様のウクレレを作ることも多いんです。いわゆる「カスタムメイド」ですね。

最近、完成した楽器達を眺めていてふと思ったんだけど、カスタムメイドの楽器っていうのは僕の作品っていうだけじゃなくって、お客様と自分とが話し合ったり色んなやり取りをしながら一緒に、共同で作り上げた作品なんだなと改めて思ったんです。

僕はアーティストではなくて職人だから基本的にはお客様の望みの仕様でご希望を伺いながら作るのだけれども、それでもやっぱりSeilenであるからにはどこかにSeilenらしさを残しておきたい。よその楽器の単なるコピーになってしまう事は避けたいと思う。

だからお客様といろいろな打ち合わせをして僕の長年培った技術や経験、アイデアなどを織り交ぜながらその人だけの、世界で1台の楽器を作り上げていく。

時にはお客様のリクエストで「えーそれはないだろ~。」みたいなオーダーもあるんだけれども案外それが仕上がってみると今までにないすごく素敵な雰囲気の楽器になったりとかする。だからカスタムメイド、オーダーメイドというのは非常に楽しい作業なんですよ。お客さまにインスパイアされるっていうか。

塗装途中とか、セットアップ作業しながら「へぇ~、いいじゃん、これー」なんて、にまにましながら作ってる。

今日もさきほどクロネコさんが新しいウクレレをオーナーさんの元へ運んで行きました。

さぁ、次はどんな楽器を作らせてもらえるんだろうな(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です