ウクレレ製作動画 -ボディサイド板の曲げ加工-

ウクレレの製作工程の紹介です。

ヒートブランケットと呼ばれる、電熱線が入った柔らかなゴムシートとステンレスの薄板と曲げたい木材を重ね合わせて、霧吹きで湿らせながら割れないように折れないように気を付けて曲げていきます。

材質によって硬さや曲がり易さは様々。何十種類の板を曲げた今までの経験と、手先に伝わってくる木の硬さ柔らかさを感じながらの作業です。
ゴムシートの温度は120度から130度くらい。素手で触れば一瞬で火傷する熱さです。

大切なのは熱と水分。どちらが欠けても折れてしまいます。
たっぷりと霧吹きで濡らして、木の中も外もがジュワ~っと熱々の水蒸気に満たされた瞬間を逃さずに曲げていきます。