パーフェクト

書き込みもちょっと久しぶりです。

オリンピック、ご覧になってますか?僕はここのところ、毎晩TVのスイッチを入れてチャンネルをあちこち切り替えながらチェックしています。しかし、やはり世界の壁は厚いですね。

最近よく思うのは、各競技の採点方法の変化について。昔みたいにジャッジの主観が入る余地がなく、細分化されて項目ごとにフェアに評価されるように変わってきているらしいですね。
ところが僕のような主観だらけの人間は、「あれだけの技が出たのになんでこの点数??」
とか文句を言いたくなってしまう。(^_^;)

モーグルでもスノーボード(ハーフパイプ)でも、とにかくパーフェクトに進まないと点が出なくて、途中でいくら大技が決まっても、最後の着地がちょっと乱れたらもう点は望めない。

選び抜かれたアスリートたちが世界一を決める厳しい戦いですから、甘くないのは当たり前なんだけど、ああいった10代や20代の人たちがほんとにすごい練習を重ねた上でのシビアな結果。悔しいだろうなぁと、TVの前の僕まで無念さが伝わってくるようです。

がんばれ!ニッポン。

コメントを残す