「現代の名工」

厚生労働省から「現代の名工」が発表されましたね。

道場六三郎さんなんかと並んで、ヤイリギターの矢入一男社長が受賞されてますね。(^_^)

技能功績の概要に、『純日本製の手工業によるアコースティックギターの高品質な製作技術を確立し、その製品は国内外のトップアーティストから一般ユーザーまで、幅広く認められ、愛用されている。また沖縄の三線と融合させて作成した一五一会や音来が全国的に反響を呼んでいる。』(厚生労働省ホームページより) とあります。

ギター業界では初めての受賞でしょうね。バイオリンとかでは有ったのかなぁ?やはり一五一会の業績も大きいのかな。何はともあれ、受賞おめでとうございます。楽器業界の片隅に生きるものとして、また同じ楽器製作者として素直にうれしいですね。

そういえば矢入社長、楽器フェアでもうろうろしてたなぁ。お話ししとけばよかった。残念。

コメントを残す