チーズ、好きですか?

常日頃から、「仕事を終えて家に帰ると、まずは冷蔵庫を開けて数種類のチーズを選び、お気に入りのワインと共に味わうのが日課」と言う方はそれほどいらっしゃらない...かな?少なくとも僕の友人の中では極めて少数派です。

その少数派である友人が松本市に新しくお店を開きました。松本には初めてのチーズの専門店。名前は「ジュレ・ブランシュ」。いろんな種類のチーズと簡単な食事。それからとってもおいしいワインや日本酒(これ、案外チーズに合うんです)が楽しめます。もちろんチーズのテイクアウトも。

かれこれ20年来の僕の大事な友人(えへん)でもある彼女は、20代の頃からチーズ一筋。

チーズ専門店で修行を積み、フランスまでも出かけて勉強。「チーズシェバリエ(チーズ鑑評騎士)」「チーズプロフェッショナル」「チーズアドバイザー」などなどいろんな資格をとって、レストランなどに勤めながらも、自治体からも講演を依頼されたり、ラジオでコーナーを受け持ったりと注目の女性でした。

PICT2121S 土曜日、20日は「ジュレ・ブランシュ」のプレオープンということで、ありがたくもご招待いただき行って参りました。立食パーティー形式で、遠く福井や東京からもオープンを祝うべくいろんな肩書きのお客様が見えていてびっくり。福井からのお客様は酒蔵の杜氏さんということで、おいしいお酒のお裾分けに与りました。「有機 花垣 純米吟醸」 これは思わず膝叩いちゃう位旨い。吟醸って、香りが良いのはいいけど何だか舌に甘ったるさが残るような酒もあるんですが、この花垣はすっきりしいていて、早苗ちゃんお薦めのチーズとの相性も良く、幾らでも飲めちゃう感じです。(実際4合瓶の半分くらいは僕が飲んだに違いない)(^^;

その他にも松本の有名プリン専門店「春夏秋冬」の社長も見えてました。えー、僕はプリンにもうるさいのですが(笑)ここのプリンもうまいです。間違い無い。

PICT2097S こういった催し(というか、宴会)に顔を出すと、帰るタイミングを逸してしまうのが常なのですが、この日も何だかんだ2時間ほど楽しくおしゃべりをしてやっとお暇しました。いろんな種類のチーズも食べられたし、イタリアの生ハム!もとろけるようなおいしさ。何を食べてもおいしかった。何だか別世界な感じでした。でも、また行こっ。

で、帰るかと思いきや。(笑)

PICT2113S 松本駅前をぶらぶらと歩いているとこれも松本の名店「鳥じん」が開いているではないか。8席ほどのカウンターがすべてというこの焼き鳥の店は、いつも空席が出来ることが無く、ネタが終われば8時でも店を閉めてしまうという幻の店なのです。なんでも旨いのですがお薦めはレバーとイワシ。レバーは新鮮で柔らかくて甘みがあるとこを半生くらいで出してくれます。ほとんどレバ刺し状態。それからイワシ。焼き鳥屋には意外なネタなのですが、ひと口食べれば「お、旨っ」と声が出ます。

「鳥じん」でしばしオヤジさんと話し込んでからやっと家路へ。ちょっと飲み疲れたけど(苦笑)おいしいものばかりに恵まれた日でした。ごちそう様でした。

「ジュレ・ブランシュ」 0263-33-2252

コメントを残す