オーク材、リサイクルのリサイクル

昨日の記事はやたら長文でしたね。(^_^;) 失礼しました。

さて、ウイスキーオークのウクレレ、「どこまで進んでますか?」とお問い合わせが多くなってきました。(^^) 現在、材料の準備が着々と進んでまして、何とか8月末くらいには仕上がりそうです。 もうしばらくお待ち下さいね。

オークの樽材をスライスしてからボディの大きさに木取っていくのですが、やはり歩留まりが悪くどうしても半端な板が残ってしまいます。

それほど多い量ではないのですが、貧乏性の僕はゴミ箱に入れるのを非常にためらってしまいます。オーク以外の材料のときでも、少し端材が出ると箱や袋に入れて取っておいて、そういった材料がどんどん増えてしまいます。カーリーコアのちっちゃな木片でも「何か作れるんじゃないだろうか。粗末にしたらコアの神様のバチが当たるだろうし・・・。」と、悩む悩む。(笑) どうしたらいいんでしょうねー。

P8020160d 今回のオークの端材(ハザイ)はこんな大きさなのですが、何か良いアイディアは無いでしょうか。

まず思い付くのは「コースター」。ウイスキー飲むときにロックグラスの下にウイスキーオークのコースターなんて贅沢ですよね。ちょっと水に濡れると濃厚なウイスキーの香りがしますよ、きっと。

後は、何でしょうね。何か良いアイディアが有ったら教えて下さい。

コメントを残す