ウクレレピクニック情報、その3! 楽器紹介

さて。

いつもイベント前はドタバタのセイレン工房。やっと展示楽器も揃ってこれから横浜向け移動です。

今回はなんだか非常に製作意欲が湧きまして、セイレン工房初というくらいの怒涛の完成ラッシュとなっています。ルックス的にもサウンド的にも見ごたえのある展示です。

ぜひ会場で手に取って弾いてみて下さい。(申し訳有りませんが試奏時は楽器の傷にお気をつけ下さい。)


まずはソプラノから。

SLS-Akagi  小笠原諸島、父島のアカギと呼ばれる木で試作したソプラノ。明るいトーンです。この木がウクレレになるのは恐らく日本初ではないでしょうか。

 

SLS-500 タマナ  こちらは母島のタマナ。柔らかく深みがありつつもしっかりとした芯がある、包み込まれるような音色です。

 

SLS-605 カーリーマンゴー   クッキリ縞々のマンゴーです!

 

SLS-303 カーリーメイプル  

色白のメイプルを涼しげなウォーターブルー色に仕上げました。

 

SLS-225em 

マーチンのエンプロイタイプのソプラノ。7フレットには本物のターコイズの石を埋め込んであります。ボディには5Aグレードのハワイアンコアを使い、細めのロープパーフリングとべっ甲バインディングで飾りました。

 

SLS-203K  ネック、指板、ボディ、ブリッジまでオールコアのソプラノ。コアのグレードは3Aですがキラキラしてとても美しいボディです。

 

SLS-904  30年以上寝かされた栃の木を使ったソプラノ。ほんのりと飴色に仕上げました。

 

 

【コンサート】

SLC-205K

こちらもオールコア、コンサート。ボディには綺麗に揃ったストライプの5Aコアを使っています。

 

SLC-1300  久しぶりのマダガスカルローズ!

 

SLC-100 

実はSeilenウクレレの中でタカハシのイチ押しはホンジュラスマホガニーだったりします。これはちょっとした気まぐれでヘッドをマーチンタイプ(本物より少し細め)に仕上げてみました。

 

SLC-500 タマナ

最近大人気のタマナ。母島の母タマナの木の音色をたくさんの方に楽しんでいただけたらなと思いながら作っています。

 

SLC-905 30年以上寝かされた栃の木の素晴らしい杢の板を使いました。コシのあるしっかりした音色です。

 

SLC-605spt 大胆な模様のスポルテッドマンゴー。普通はマンゴーは柔らかく優しい音色なのですが、このマンゴーはびっくりするくらいシャープな音色。ぜひ手にとって弾いてみて下さい。

 

SLT-224cst  ハワイアンコアのテナーのボディをヘリンボーンとべっ甲バインディングで縁取りました。指板にはカーリーコアのウッドインレイを入れています。ちょっとコアの道みたい?