ウクレレのスピーカー化!!

speak ちょっと面白い物を見つけたのでレポートしてみますね。

セラミクススピーカー」というものなんですよ。セラミックスの平面スピーカーとかは今までも有ったんですが、これの新しいのはスピーカーユニットを貼り付ける事によって色んなものを鳴らしちゃおうと言う所です。
「セラミックス スピーカー ユニットは貼り付けた物全体を振動させることにより、その物をスピーカーの振動板として音を創り出します。」という売り文句を見た瞬間にウクレレと結びつけちゃうのはたぶん皆さんも同じでしょう。??(^^; 

早速取り寄せて試してみました。結果から言えば、「まぁまぁ使える」というところでしょうか。ウクレレやアコースティックギターや材木などに貼りつけて見ましたが、アコギだからと言って音量がウクレレと段違いに大きかったりしないのが不思議です。案外コアのソプラノウクレレなどが良い響きでしたね。
ウクレレを何本かお持ちの方は机の左右に1本ずつ置いてステレオで楽しむ事が出来ますね。鳴らしつづける事による楽器の鳴りの改善も期待できるかもしれません。やはりオータサンを聞かせ続けるのがいいでしょうか?(笑)
念の為書いておきますが、「すごくいい音」というほどでは有りません。値段相応と見るのが正しいでしょうか。自宅で手軽にウォークマンやMDプレイヤー等のヘッドホンステレオの外部スピーカーとして楽しむには手ごろかと思います。長時間使うには乾電池駆動というのがちょっと気になりますが、その分持ち運びには便利ですね。あと、大音量にするとちょっと歪みがちです。
こちらにも試用レポートがあります。
出荷前のウクレレの慣らしに使ってみようかな。(^^)

コメントを残す